本棚はいらない?|電子書籍にして生活満足度向上

みなさんこんにちは。あじてつブログにようこそ!

この記事では「紙と本棚をなくして倹約できた体験談」を紹介します。

突然ですがみなさん、紙をたくさん持っていませんか?

あじ

私たちの部屋は紙だらけだったんです。

結論からいうと私たちは紙の保管をやめました。

この記事に書いている「断捨離方法」を実践していった結果、今の自分の部屋が広くなり、お金も貯まりました。

では、そんなわたしの「紙と本棚をなくして倹約できた体験談」について、これから詳しくお伝えをしていきますね。

あじ家では現在、経済的自由に手に入れるために、試行錯誤しているところです。

目次

断捨離を決行

あじ家では色々な物を断捨離しましたが、今回はペーパーレスについて紹介します。

ペーパーレスとは、資料などをデジタル化して紙の使用量を少なくすることです。

ペーパーレスの導入を検討している企業は増えていますよね。
てつの会社でもペーパーレスを推進しています。
テレビで見ているような会社と比べるとまだまだですが…。
ペーパーレスは、断捨離としても有効なので、実行することにしました。
今回の記事は、法人向けでなく、個人の家庭の断捨離として書いていきます。

ペーパーレス化

あじ家では、スキャナーと裁断機を使用して、ペーパーレス化と本棚をなくしました。

断捨離を決意した理由
・てつの会社では毎年、5Sのコンテストがあります。
一昨年のコンテストで一気に断捨離をしたことをきっかけに自宅も気になりました。
外で整理や片付けをすると自分の家も綺麗にしたくなりますよね。
ちなみに会社では、ほとんどの紙を処分し、捨てられない紙もscanしました。
今まで保管していた棚やロッカーは捨てたり、残っているロッカーも今では何も入っていません。
・今まで部屋の部屋は、仕組みができておらず、片付けても片付けても時間がたてば、また同じ結果になっていました。
毎週末、片付けをしていました。
段々、嫌になってきました。

あじ家は、賃貸アパートですが、
本棚の為に家賃を払っているという考えを聞いて、驚きです。

早速、もう読まない本の整理整頓を始めました。

思い出がありましたが、涙を流しながら、処分を決意しました。

処分する本は全て、BOOKOFFに持っていきました。
メルカリに出品しようか考えましたが、すぐに部屋から処分したかったので、BOOKOFFに持っていきました。
あまりお金はつかず、段ボール何箱ももっていったのに、3千円ほどでした。

しかし、どうしても処分できない本が大切にしていた漫画、本も大量に残りました。
捨てられない本はスキャンすることに。

スキャナーは、富士通のScanSnap ix 1500と裁断機はDURODEX 自炊裁断機 200DXを使用しました。

  • 富士通のScanSnap ix 1500
    スキャナーは、富士通のScanSnap ix 1500です。
    データが多くなってきたら、クラウド、SDカード、SDD、HDDに保存します。
    価格は4,5万円と高めです。
  • DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX
    漫画、雑誌、本など、厚い本を裁断する時は必須アイテム。
    著作権があるので第3者に貸してはいけませんが、自分で楽しむ分には問題ありません。
    ★価格でなく価値で判断しよう。
    価格が多少高くても、必要なものには、お金を惜しまないことも時には大切です。
    一時的な出費は大きくてもトータルで価格以上のリターンがあると判断し、購入を決意しました。
  • タブレット
    自炊した本を読むのに必要な端末です。
    タブレットはSDカード対応のHuaweiタブレットを使用しています。
    Amazonで約15000円でした。SDカードは256GB、約3000円。
    (あじ家では、ネット接続もしますが、自炊した本を読むことが多いです。
    ネット利用はその後買ったipadを使用しています。)
    パソコンでSDカードにデータ移行。PDFデータも読めます。

自炊最高!!
読みたい本や漫画を探すときは検索すれば、一瞬で見つかる。
片付けもいりません。
持ち運びも便利です。
★ちなみに現在は紙の本を買うことはなくなり、全て電子書籍です。
Amazonkindle、楽天koboなどの電子書籍を利用しています。

断捨離したいと思い、はじめたペーパーレス化ですが、結果的に決断してよかったです。

漫画、書類はスキャンしてデータ化

裁断機|DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DX

裁断機は、DURODEX 自炊裁断機 ブラック 200DXです。

漫画、雑誌、本など、厚い本を裁断する時は必須アイテム。

¥43,406 (2022/01/10 22:25時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

スキャナー|富士通 ScanSnap ix1500

スキャナーは、富士通のScanSnap ix 1500です。

データが多くなってきたら、クラウド、SDカード、SDD、HDDに保存します。

タブレットはSDカード対応のHuaweiタブレットを使用しています。

パソコンでSDカードに移しました。PDFデータも読めます。

読みたい漫画を探すときに検索すれば、一瞬で見つかります。

本は電子書籍に変更

紙の本より、電子書籍の方が安いことが多いです。

電子書籍はiPadで読むのがオススメ。

iPadで電子書籍を読む場合は容量が大きい選びましょう。

わたしたちは256GBのiPad Airを使用しています。

私たちが現在使っているサービス

→amazon kindle

→楽天KOBO

→DMMブックス

色々試しに複数のサイトで購入しましたが、一番のオススメはDMMブックスです。

理由は価格です。

どういうこと?

と思われた方は別の記事で書きますので、ぜひ読んでみてください。

ペーパーレス、電子書籍移行した結果

部屋が広くなった

本棚をなくし、部屋のスペースが増えました。

私たちの住んでいるアパートは、2階の部屋です。 

部屋に本棚があるということは、本のために家賃を払っているということと知り、てつ親に買ってもらったガラスの扉付きの立派な本棚を捨てました。

本棚は重く、2階からおろすのすごく大変でしたが、 本棚を毛布でくるんで2人がかりでおろしました。

引っ越し業者が使っているような毛布です。

てつが学生時代、引っ越し業者でバイトをしましたが、その時に得た知識です。

意外とてつの友人は知らない人が多かったので、紹介します。

おかげでだいぶ部屋が広くなりました。

まとめ

本棚がなくなったことで、不便になるかと心配していました。

しかし、実際になくしたところ不便になるどころかとても快適になったので思い切って捨ててよかったと思います。

皆さんも物に家賃を払うのは止めて、別の場所にお金を使いましょう。

それではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

地方在住のアラサー夫婦の共同ブログを運営。

日々の暮らし、おすすめ商品・サービスなど紹介しています!

コメント

コメントする

目次
閉じる